要介護認定を受けてもはたらく選択肢を当たり前に

昨日、読売新聞の朝刊に

「ななしょくプロジェクト」
「感染症対策グッズお届けプロジェクト」

の活動を取り上げていただきました。

「有償ボランティア」や「はたらくこと」を目的にはしていませんが、これらの選択肢があることによって、生活が豊かになっていることは事実です。

「ここに来て、仲間ができることが一番嬉しい」
「仲間がはたいているのに、自分だけ遊んでるわけにはいかないなぁ」
「ここでもらったお金で、奥さんにプレゼント買いたいんだ」

こんな声をメンバーさんから聞いて、私たちが広げたい活動の方向は間違っていないと、活動力をいただいています。

けれども一方で記事の通り、社会参加活動を取り入れた介護事業所は、まだまだ少ないです。だからこそ私たちからアクションしていくことが非常に重要だと感じています。

【要介護認定を受けてもはたらく選択肢が当たり前にある社会】

に少しずつでも近づけるように、ななしょくプロジェクト・BLG!はこれからも活動し続けます。

ちなみに、絶賛仲間募集中ですので、ご興味のある方はメッセージをくださると、メンバー一同とても喜びます😊まずはご見学へどうぞ〜!

よかったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です