船橋市議会議員さんに教わったこと

今日の午前中、船橋市議会議員として活躍されている方に時間を作っていただき、2時間ほどお茶してきました。

テーマはもちろん政治。

私が生涯通して貢献していきたいことは「要介護認定を受けても、働きたいと思った時に働ける環境があること」を実現すること。

今、幸いなことに「ななしょくプロジェクト」として活動が始まりましたが、まだまだ足りない。

これに、政治家としての立場の力が加わったらどうなるのか。

ただの27歳がやるプロジェクトよりも、遥かに加速すると考えられる。

でも、なることが目的では、その先はなくて。

どうやったらプロジェクトが進むのか、発展していくのか。

その土台づくり、信頼関係づくりから取り組んでいかなければならない。

この道に興味を示すと、反対意見をよくいただく。

気持ち良いほどに、反対される。(やったことないのにね。)

でも、市議会議員でもできることが沢山あることも知ってる。

菅総理大臣だって、始まりは市議会議員からだったよ!(政令都市のだけど)

だから、反対意見は受け流すことにする。そこで志が折れたら、その程度だったってこと❗️

私がやりたいことは「働ける選択肢を作ること」

そのための手段は選ばない☺️

その為に準備しておくことは、

300万円貯めること

手伝ってくれる同士を最低4人。

根を張ること。

今日お相手くださった方は

県政、国政からではなく市政からあえて始めた。

その理由は、現場から始めたかったからだって。

私が介護の現場から始めた理由と同じだった😳

さあ、あと必要なのは強い心と、実現するための行動力。

よかったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です